飲む前に確認!メガリスの副作用と併用禁忌薬

メガリスの副作用と併用禁忌薬

メガリスの有効成分、タダラフィルは効果が最長で36時間も続きます。
EDで悩んでいる身からすると、たったの1錠であの頃の感覚が長時間よみがえるだなんて夢のようですよね。

これはタダラフィルがゆっくりと体に吸収されるからなのですが、そのメリットは持続時間だけではありません。
ゆるやかに薬が効いていくため、副作用も起こりにくいのです。

では、だれしもが副作用ゼロでメガリスを服用できるのかというと、そうではありません。

ここでは、メガリスの副作用とは一体どういった症状なのか?なぜそんなことがおきるのか?に加え、覚えておきたい併用してはいけない薬についてお伝えします。

きちんと知って、なるべく副作用が起こらないように、かつ何か起きても冷静に対処できるように備えましょう。

メガリスで副作用がでるとどうなる?

メガリスはED改善にいい!と聞いていても、
ED治療薬を飲んだことがない方や過去にバイアグラやレビトラで副作用があった方などは体調不良が怖くて服用をためらうかもしれません。

まず知っておきたいのが、メガリスの副作用はあったとしても基本的には軽度で一時的なものであるということ。

頭痛や鼻詰まりなどの風邪のような症状が主ですが、これらはタダラフィルが血管を広げているために起こります。

つまり、そのような症状が起きているということは薬が効いてきているということ!
順調な証なので、不安に思う必要はありません。

バイアグラやレビトラを飲んだ時に起こりがちな動悸やめまいなどの副作用は、メガリス服用時にはあまりないとされています。

そのかわり、タダラフィルが長く体に滞在することによって起こりやすい症状というものもあります。
それは胸やけやなどの胃腸症状。胃腸が弱い方は少し辛いかもしれません。

副作用を抑える方法は?

できれば、それらのどんな副作用とも無縁でセックスに集中したいですよね。

副作用を起こりにくくするコツは、

・飲む量を減らす
→慣れるまでは10mgや、さらにピルカッターでカットした薬を服用して徐々に馴らしていく

・頭痛薬や鼻炎薬も服用する
→そのような市販薬は併用OK!辛い時はムリせず早いうちに飲むのが◎

自分の体質に合った用量や飲み方をみつけて、EDの自分に早く別れを告げましょう!

メガリスと一緒に飲んではダメ!併用禁忌薬

ED治療薬として、効果も価格もすべてが魅力的なメガリス。
早く飲んで、さっそくセックスを楽しみたいですよね!

でもメガリスは誰でも服用できるわけではなく、投薬治療中の方や持病がある方は絶対に服用できません。

医師の診断を受けない通販での薬の購入は、すべてが自己判断・自己責任。
購入前に、自分が当てはまらないかどうかしっかり確認しましょう。

メガリスの併用禁忌薬

併用禁忌薬とは、飲み合わせの相性が悪い薬のこと。
単体ではいい働きをしても、併用することで効果が無くなったり体に悪影響をおこしたりしてしまう危険があります。

硝酸剤は、飲み薬・貼り薬・塗り薬・スプレー・舌下錠・吸入薬などどのようなかたちであっても併用してはいけません。

もし併用してしまうと、急激に血圧が低下して最悪の場合死んでしまう可能性があります。
思い当たる節がある方は、自分が飲んでいる薬が硝酸剤かどうか必ず確認しましょう。

メガリスの服用に注意が必要な人って?

心臓や血管に持病や障害のある方は、そもそもセックス自体が心臓に負担をかけるためメガリスの服用ももちろん禁止。

その他には、
・不安定狭心症を含む狭心症である
・不整脈持ち
・重い肝障害がある
・最近、心筋梗塞・脳梗塞・脳出血を起こした
・未成年

などが当てはまる方も、絶対にメガリスは服用しないようにしましょう。