メガリスの効果|スゴさは作用時間の長さにアリ!

メガリスは何時間続く?

ED治療薬のメガリスとは、有効成分のタダラフィルが血管を拡げて血の巡りを良くすることによって勃起を促進させる薬です。

メガリスはシアリスのジェネリック医薬品なので、この仕組みと効果は先発薬であるシアリスと全く同じ。

では、その効果は一体どのくらい続くのでしょうか?飲むタイミングはいつでもいいのでしょうか?

このページでは、そんなメガリスの気になる効果の持続時間やベストな服用のタイミングについて詳しく説明します。

メガリスの勃起効果は36時間続く!?

メガリスの有効成分タダラフィルは、水に溶けにくいという性質を持っています。
これは、その分メガリスが体の中に長くとどまるということ。

効き始めるのも代謝されるのも時間がかかるので、その作用時間はとても長く、なんと最長36時間!

そのため、メガリスやシアリスは海外では別名ウィークエンドピルと言われ親しまれています。

金曜の夜に飲んで日曜の朝まで効果が続くのですから、何回でもセックスが楽しめてしまいますね!

メガリスがED治療に効くワケ

そもそも正常な勃起とは、性的興奮がきっかけとなって脳が神経を通じて陰茎に興奮を伝え、陰茎の血管が緩み多量の血液が海綿体に流れ込むことによっておきます。

ですがEDになると、この中のどれかまたはどれも作用しなくなるのです。

そこでメガリスの出番!メガリスは血管を拡げ血液の循環を良くするので、性的興奮したあとはまるでEDではない頃のように勃起することができます。

メガリスの作用時間は服用量による

メガリスの効果持続時間は最長36時間と説明しましたが、これは20mgを服用した場合。10mg服用時だと最長24時間になります。

タダラフィルの血中濃度は少しずつ低下していくので、どちらを飲んでも時間がたてばたつほど効果は弱まっていきます。

もちろん体調や個人差によっても変わってきますので、何度か試して自身にとってのベストなタイミングを見つけるといいでしょう。

メガリスは飲むタイミングが重要!正しい服用方法とは

メガリスを正しく服用する方法

メガリスの力を最大限に発揮するには、正しいタイミングで正しい飲み方をする必要があります。

特に厳しいルールはありませんが、どれも覚えておいて損はナシ。
しっかりと守って、久しぶりのセックスを思いっきり楽しみましょう!!

服用はなるはやで!1時間以上前に飲んでおくべき理由

メガリスは、服用後1時間~3時間たってから効いてくるとされています。
個人差もありますが、ゆっくり効いて長く効くという特性上、セックスの直前に飲んですぐに効果があるといったものではありません。

せっかくのチャンスを水の泡にしないためにも、逆算して最低でも1時間前には飲んでおきましょう。

長く効くので、早く飲みすぎてセックス中に効き目がなくなるという心配は杞憂!
余裕を持って服用しましょう。

空腹時に飲むと一番効く!

食事の影響が少ないとはいえ、全くゼロというワケではありません。

条件として、メガリス服用時の食事は800キロカロリー以下&あっさりとしたものがいいとされています。

800キロカロリーとは、だいたい吉野家の牛丼一杯分ほど。
少ないように感じるかもしれませんが、あっさりした和食なら十分デートでのお食事も楽しめます。
また、アルコールとの併用もオーケーですが飲みすぎには注意しましょう。

どうしても気をつけながらの服用が難しいという場合は、食前に飲んでおけば間違いなし!
効果が長く続くと、タイミングが取りやすいので助かりますね。