メガリスが通販限定なのはなぜ?

メガリスは通販限定

超!魅力的なED治療薬のメガリス。ここまで読んだ方なら今すぐにでも試してみたいのではないでしょうか。

でも、メガリスは病院でもドラッグストアでも手に入りません。
購入方法はただ一つ、個人輸入による海外通販だけ!

病院で買えず、しかも海外からの通販だなんて聞くと「本当に大丈夫??」「もしかして偽物?」と、なんだか胡散臭く感じますよね。

しかし、そんな心配は無用!
ここでは、メガリスは安全な薬で個人輸入も安心してできるものということを説明します。

メガリスは日本未発売のED治療薬

メガリスがなぜ日本では購入できないのかというと、日本国内ではメガリスは未承認薬という扱いだから。

メガリスだけでなく、シアリスのジェネリックはすべて認められておらず、コピー薬という位置付けにされています。

それではなぜシアリスのジェネリックは数種類存在していて、しかもメガリスが大人気なのでしょうか。

実は、それには秘密があります。

ジェネリック医薬品を選ぶメリットは?

そもそもジェネリックとは、別名・後発薬と言われており先発薬の特許が切れた後に発売されるもの。

特許が切れたことを活かし、開発費用が大幅に抑えられることによってお求めやすい価格で販売することができるのです。

一朝一夕では解決しないED治療…薬との付き合いは必然的に長くなってしまいます。

そんなときに、ED治療薬の費用が抑えられるのはものすごく大きなメリットですよね。

シアリスは特許継続中…なのにメガリスが存在する理由

実は、シアリスの特許はまだ切れていません。
それにも関わらず、シアリス・ジェネリックは多数存在します。

これではさっきと言っていることが違う!と思ったかもしれませんが、これには秘密があります。

というのも、インドは2005年までは物質特許というものがありませんでした。
メガリスなどのシアリス・ジェネリックは物質特許が導入される以前に開発されたので、法律的にも何の問題もなく現在も生産・販売されています。

しかも、意外かもしれませんがインドは製薬技術が高く、薬の生産量も世界第4位。

メガリスを生産しているマクローズ社はマラリアやHIVのジェネリック医薬品で有名なので、メガリスの使用に不安な気持ちは全く持たなくていい!と言いきれます。

メガリスの通販=個人輸入って合法?

メガリス通販は合法?違法?

結論からお話すると、個人輸入は完全に合法です。

海外で売っている薬を直接取り寄せて、個人で使用する場合にはなんの問題もありません。

「個人輸入」という聞いたことのない響きがあなたを不安にさせるかもしれませんが、厚生労働省も認めている方法なので安心して海外通販を利用してくださいね!

知って安心!個人輸入のルール

そんな個人輸入には、いくつかのルールがあります。
購入は一カ月分のみで、薬の転売や譲渡は禁止。

このルールは「あくまでも自分のぶんだけを、すべて自己責任でのもとで使用すること」というものなので、必ず守りましょう。

ちなみに、医師の診断なしで購入した薬で万が一重い副作用などが起きた場合でも、
医薬品副作用救済制度は使えません。

自己責任で自腹で解決する必要があります。

このような恐ろしい「万が一」を起こさないためにも、安全なサイトから購入して用法用量は絶対に守りましょう。

個人輸入の代行サイトを使えば簡単に通販できる

個人輸入は合法で安く購入できるとはいえ、現地の通販サイトを探しだすのはものすごく困難。

正しく見つけられたとしてもすべて英語や現地語ですし、翻訳サイトを駆使しても専門用語が多く難しいかと思います。

そんなときに便利なのが、「個人輸入代行サイト」の存在!

サイトはすべて日本語で、楽天やAmazonの感覚で利用可能。
個人輸入代行サイトを使えば、誰でも簡単にメガリスをゲットすることができるのです。